リモートワークって何?

リモートワークって何?

女性の画像

新しい働き方として、リモートワークが注目を集めています。

リモートワークで働く人が増えているので、聞いたことがあるという人が多いのではないでしょうか。

リモートは英語でremoteといい、遠いという意味。職場から離れた場所で働くので、このような名前で呼ばれているのです。

ここでは、基本的な概要や適している仕事、求人の探し方について紹介していきます。

基本の知識とリモートができる条件

リモートワークは、会社から離れて働く業務形態です。近年では在宅でお仕事をする人も増えているため、リモートワーク=在宅という認識で使われる場合もあります。

働く場所に囚われないので、自由度が高く感じますよね。しかし、リモートワークはすべての職種に適しているわけではありません。

リモートワークができる仕事には、条件があるのです。
①現場にいなくても業務ができる
働く上で、場所の制約がないのは必須条件です。その場にいないと働けない大工さんやアパレル店員は、リモートには不向き。リモートワークを始めるなら、仕事環境に左右されずに業務を進めなければいけません。

②仕事の成果が分かりやすい
リモートで働く場合、上司や同僚の目がありません。仕事量を態度で示せない分、どのくらいの作業をしたのかしっかり評価できるシステムが必要です。

分かりやすいジャンルでいうと、ライターやデザイナーなら制作物の量や質で評価を行っています。

どうやって求人を探す?

リモートワークを始めたい人のために、向いている職種を紹介します。

・システムエンジニア
・デザイナー
・営業
・ライター
・カスタマーサポート
・コンサルタント
これらのお仕事は、働く場所を選びません。「リモートワーク 求人」で検索すると、すぐに求人情報を見つけられます。

しかしスキルや経験を問われる場合もあるので、自身が条件に一致しているか考えてから応募しましょう。

もし未経験でもできるお仕事を探しているなら、クラウドソーシングやメールレディがオススメです。

<クラウドソーシング>
業務の一部を委託したい企業と、仕事の案件を獲得したい個人がマッチングできるクラウドソーシングサービスが便利。「カンタン作業」や「未経験OK」という記載がある案件なら、スキルがなくても大丈夫です。

案件の内容は、商品の梱包やアンケートの回答などさまざまです。

<メールレディ>
メールレディは、在宅で働きたい女性に人気があります。男性とメールを通してやりとりをするだけなので、とっても簡単。スマホさえあれば始められるので、手軽に働けるという特徴があります。

専用サイトに無料で登録できるので、お試しでやってみるのもアリです。

参考ページ:https://zedele.net/remotework_rankingbest3/