始める前に知りたい!メリット&デメリット

始める前に知りたい!メリット&デメリット

リモートワークの画像

何事にも良い面と悪い面があるように、リモートワークにも利点と欠点が存在します。

何も知らずにお仕事を始めると、思わぬ事態に驚いてしまうかもしれません。

ここでは、イメージと現実のギャップを無くすためにリモートワークの魅力と難点について解説します。

リモートの長所を3つ紹介

①出勤しなくてもOK!
会社に行く必要がないのは、大きな利点の1つ。電車やバスに乗ってオフィスへ向かうと、人ごみの中で感じる独特の匂いや熱気に疲れてしまいます。

働く場所を選べるリモートワークなら、人ごみを避けて自宅や静かなカフェで作業できるのです。通勤のストレスがない分、朝から気持ち良くお仕事をスタートできます。

②自分に合った方法を見つければ生産性UP
会社のやり方に縛られないので、日々のスケジュールや仕事で使うツールを自分で決められます。

自分にあったやり方を研究していけば、仕事のパフォーマンスが上がり効率良く業務を進められるはずです。

③育児や介護をしている人でも両立しやすい
人によっては家庭の事情により、フルタイムで働けないという人がいます。家庭環境の変化によって働けなくなったら、収入が減るので困ってしまいますよね。しかし、自宅でもできるリモートワークならお仕事とプライベートを両立しやすいのです。

リモートの短所を2つ紹介

①孤独になりやすい
オフィスに行く必要がないので、直接人と顔を合わせる機会が激減します。業務の連絡や相談、会議まですべてビデオ通話で済ましてしまうのです。

長い間人に会わないと、孤独感を感じてしまうのではないでしょうか。

「最近誰にも会っていないな」「寂しくて辛い…」と暗い気持ちになってきたら、コアワーキングスペースを利用してみるのも方法の1つです。リモートで働く人が、集団でレンタルしている作業場なので対面で人と接する機会が作れます。

②自己管理できないとタスクが溜まる
リモートワークでは、自分で業務のスケジュールをきちんと管理して順調に進めていけるかが問われます。

休憩時間が長くなったり面倒な仕事を後回しにしたりしていると、作業の生産性が下がってしまうのです。

上司や同僚の目がないからこそ、いつまでに何をするというTODOリストを作っておきましょう。いつでも確認できるように、目につく場所にリストを貼っておくのが大切です。