リモートワークとテレワークの違いとは

リモートワークとテレワークの違いとは

テレワークの画像

近年では、多様な働き方を選択できるようにするため新しい就業形態が生まれてきました。

代表的として挙げられるのが、リモートワークとテレワークです。どちらも時間や場所に囚われずに働けるので、仕事とプライベートを両立しやすいという声が上がっています。

しかしどちらも似たような働き方なので、違いが分かりにくいとは思いませんか。ここでは、呼び方の違いについて紹介していきます。

定義が決まっているのはテレワーク

テレワークは、日本テレワーク協会により定義されています。

業務の形態は3つあり、どこで働くかによって呼び方が変わるのです。
・自宅→自宅利用型テレワーク
・移動中もしくは取引先のオフィス→モバイル型ワーク
・サテライトオフィス、シェアオフィス→施設利用型テレワーク

リモートワークの場合、働く場所によって呼称が変わることはありません。

テレワークの方が早く登場した言葉で明確な定義がありますが、リモートワークは使われるようになったばかりなので具体的に意味づけがされていないのです。

使い分けについて

リモートワークとテレワークは、オンラインで遠隔業務を行うという意味ではほとんど違いはありません。

そこまで敏感になる必要はありませんが、相手や場面によって使い分けるのも可能です。

リモート・・・IT企業やフリーランス
テレワーク・・・自治体や省庁、大企業

テレワークの方が、権威のある団体によく使われます。自治体に提出する申込書は「テレワーク」を使うようにしましょう。

しかし世間的には、リモートワークという呼び名が浸透してきています。もし職業について聞かれたら、リモートワークと答えた方が伝わりやすいかもしれません。